インフルエンザの特効薬として有名なタミフルをご存知ですか?タミフルの効果や副作用などは特に注目を集めていますが、原材料に中華料理などでも使われている香辛料の八角が使われているってご存知でしたか?

タミフル服用で筋肉痛を感じたらPDFの添付文書参照

タミフルは抗インフルエンザウイルス薬のひとつで、A型とB型に有効とされ、ノイラミニダーゼ阻害薬に分類されます。
インフルエンザの発症後48時間以内の服用で、ウイルスが増殖するのを防ぎ、症状を緩和するのと共に、発症期間を1~2日ほど短縮します。
そのため、インフルエンザの完治までに要する時間は、自然治癒では10日前後とされますが、タミフル服用後では7日前後で完治するようになります。
タミフルは異常行動の副作用で有名ですが、その他にも頭痛やめまい、発疹、下痢や腹痛といったものもあります。筋肉痛などの筋肉が収縮する副作用は報告されていませんが、胸が痛い、背中が痛いといった症状はあるようです。
インフルエンザの症状では発症後に38度以上の高熱から始まり、全身の倦怠感や食欲不振、遅れて咳や喉の痛みといった呼吸器系、腰痛や吐き気などの消化器系の症状が現れます。
インフルエンザではウイルスに対抗するために、体内の免疫機能が働きかけ、関節や筋肉を炎症させる物質が分泌されます。そのため、関節痛や筋肉痛はインフルエンザの諸症状のひとつとなっています。
タミフルを服用して筋肉痛を感じたら、それは薬の副作用ではなく、インフルエンザの症状ということになります。
タミフルの添付文書を参照しても該当する副作用は見られず、逆に「発熱、筋肉痛/関節痛又は悪寒/発汗」の回復する期間が短縮する旨の記載があります。
インフルエンザの症状なので、ウイルスが不活化して収まれば熱も下がり、自然と筋肉や関節の痛みも治まってきます。
風邪などの熱が起こる症状では、全てに筋肉痛が起こる可能性がありますが、特にインフルエンザでは38度を超えるので、筋肉痛も強く発現するのです。