タミフルの原材料は八角!?

インフルエンザの特効薬として有名なタミフルをご存知ですか?タミフルの効果や副作用などは特に注目を集めていますが、原材料に中華料理などでも使われている香辛料の八角が使われているってご存知でしたか?

タミフルの原材料八角の効果とは?

タミフルの成分であるオセルタミビルは、中華料理の香辛料に使用される八角(スターアニス)から抽出できるシキミ酸を原料にしています。
実の形は8つの角を持つ星形で、その形から八角と呼ばれるようになっています。八角はトウシキミの果実を乾燥させたもので、中国の生薬として利用されており、漢方医学では食欲不振や消化不良、血行障害などの治療に用いられます。
古くは明朝の李時珍が書いた薬学書の「本草網目」で抗炎症作用、鎮静作用、冷え性の改善や緩和、強壮作用と抗がん作用に効果を発揮すると書かれています。咳止めにも効果があることから、風邪のときに服用すると良いとされます。
アニスやウイキョウと同じ香り成分のアネトールを持ち、良い香りを放つことから料理の香辛料にも用いられ、5種のスパイスを含む五香粉にも使われています。
独特の香りから日本人では好き嫌いが大きく分かれる香辛料ですが、肉や川魚の生臭さを消す効果から、豚の角煮やペキンダッグなどの中華料理、カレーのスパイスとしても使用され、果ては杏仁豆腐にも使われている香辛料です。
料理の下味や香りづけに使うだけで中華料理の風味になりますが、少量でも強烈な香りを放つので、入れすぎには注意が必要です。
タミフルが品薄になったとき、中国では八角の買い占めが起こり、価格が2倍になったという問題がありました。
このとき、誰もが八角を大量に食べていましたが、この八角から抽出されるシキミ酸は、数回の化学反応を経てタミフルの成分に合成されており、八角をそのまま食べたからといって、タミフルと同じ効果は出ないのです。
八角によって体調を崩した人も多く、食べ過ぎには注意するように喚起されています。
■タミフル等も扱っている通販サイトを調べる
あんしん通販・偽物.com
■タミフルを含むインフルエンザの治療方法はここのサイトを参考にしてください
インフルエンザ治療